紫外線から肌を守る|人気のある海外製のベビーカー|子供へのスキンケア

人気のある海外製のベビーカー|子供へのスキンケア

紫外線から肌を守る

乳児

低刺激性で落としやすい

赤ちゃんの日焼け止めは、基本は低刺激性で落としやすいものを選ぶことが大切です。日焼け止めには、紫外線を吸収する化学成分が入っているものと入っていないものがあり、化学成分が入っていると刺激となって湿疹が出たりかぶれを起こすことがあります。赤ちゃんの肌は大人よりずっと敏感で弱いので、化学成分が含まれていないものが良いでしょう。また、香料や着色料、鉱物油なども含まれていない、低刺激性で石鹸などで落とせるようなものが特に人気です。伸びが良いものであれば、ムラなく塗り残しなどもなくなるため便利であると言えます。日差しが特別強いところでは日除けを使ったり日焼け止めも、通常より強いものにしてこまめに塗り直すことも大切です。

塗り方に気を付ける

赤ちゃんに日焼け止めを塗る時は、塗り方に気を付ける必要があります。大量を手に取って伸ばしていくのではなく、必要な部位にいくつかにわけて大きな丸をいくつも作るように日焼け止めを塗ります。その後、まんべんなく皮膚全体に薄く伸ばしていくと、ムラになりにくくなります。少量を少しずつ塗るのが丁寧な塗り方になります。塗る時も大切ですが、落とす時も大切で石鹸をよく泡立ててしっかりすすぎを行うようにします。日焼け止めがちゃんと洗い流せないと赤ちゃんの肌も弱くなってしまうので、すすぎを重点的に行うようにすると良いでしょう。石鹸で流せるものは石鹸のみで流し、密着するものなどは必要に応じてクレンジングで洗い流すようにします。