良い質を選ぶ|人気のある海外製のベビーカー|子供へのスキンケア

人気のある海外製のベビーカー|子供へのスキンケア

良い質を選ぶ

ウーマン

それぞれの特徴と価格

大切な赤ちゃんのため、良いといわれることは積極的に取り入れたいと思うのが親心。生まれたばかりは母乳やミルクだけが栄養なので、お母さんが飲んだり調乳に使う水にも気を配りたいですよね。一般的に赤ちゃんの調乳には【水道水を煮沸したもの】が推奨されています。しかし巷ではミネラルウォーターや、赤ちゃん用の水が市販されています。新米ママにとっては何がいちばんいいのか迷ってしまいますよね。まずミネラルウォーターですが、臓器が未発達の赤ちゃんにとっては多量のミネラルは体に負担をかけるので注意が必要です。価格は500ミリリットルよりは2リットルの方が安く購入できます。ウォーターサーバーは割高ですが、自宅まで重い水を定期的に運んでくれる、お湯が出る、この2点から乳幼児のいる家庭には便利です。

特徴を理解した上で選ぶのが大切

赤ちゃんには硬度60以下の軟水、もしくはピュアウォーターがおすすめです。ピュアウォーターとは、特別な装置でろ過し、ミネラルも不純物もほとんど含まない水のこと。粉ミルクの栄養バランスを崩さないのが特徴で、赤ちゃん用として販売されています。500ミリリットル入りのペットボトルで一本約100円前後で、ケースで購入すると少し安くなります。日本の水道水は人が安全に飲めるように塩素で殺菌消毒してあります。ご存知のように安全性は世界トップクラスで、塩素も十分に煮沸をすれば赤ちゃんへの影響はないとされています。そして何より経済的です。しかしながら、震災後は放射能の心配からさけるお母さんが増えてきたのは事実です。実際にはどれを使っても問題はありません。ただそれぞれの特徴を知った上で選ぶことが大切です。