成長を見守る|人気のある海外製のベビーカー|子供へのスキンケア

人気のある海外製のベビーカー|子供へのスキンケア

成長を見守る

乳児の手

赤ちゃんに必要なものはどれか

待望の赤ちゃんが誕生し、これから赤ちゃんのいる生活がスタートです。毎日使用するオムツはもちろん、ちょっと値の張るベビーカーや車のチャイルドシート、ベビーベッドといった物も必要に応じて用意しなければなりません。上にお子さんがいらっしゃる方は、おさがりが使えるものもあるかもしれませんが、初めてのお子さんではそうもいかず、出費がかさみます。そのため、出来るだけ必要最低限のものをまずは揃えたくなり、準備にちょっと悩む物もあります。ベビー用品はレンタル出来るものも多くあり、一時期しか使用しない物はレンタルするという手もあります。しかし、日本はもともと家の中では靴を脱いで生活しています。そのため、床に直接布団を敷いて赤ちゃんを寝かせていたという家庭も一般的です。日本の家庭では、はたしてベビーベッドは必要なのでしょうか。欧米では、子供は小さなうちから子供部屋で眠る習慣があるようですが、日本では子供に添い寝して眠る家庭も多いからです。

赤ちゃんを守ってくれるベビーベッド

赤ちゃんと夜眠るときすぐ起きられるように、一緒のお布団で眠るという方も多いでしょう。ママには赤ちゃんを守る母性本能からか、寝返りで潰すことも無く大丈夫だったりします。しかし、一緒に眠っていた上のお子様が目を覚まし、暗い中ママやパパの元へ行こうとして誤って赤ちゃんを踏んでしまうという事故もあります。また、一般的に床から30cm程のところにホコリが溜まりやすいと言われ、冷たい空気は下に溜まります。気管が未発達な赤ちゃんは影響を受けやすくなります。日中の家事をしている間も、ベビーベッドがあると、赤ちゃんの寝ている位置が大人の目線から届きやすく、オムツ交換もかがまずお世話出来るので、楽に出来ます。柵で守られているため、床に落ちている物の誤飲や、ペットにじゃれられての怪我を防ぐことが出来ます。一時期しか使わないものだし購入はもったいないとお考えの場合は、レンタルも出来ます。最近のベビーベッドには、ご夫婦の寝ているベッドの横に付けて、添い寝出来るタイプや、使用していない時に折りたためるタイプ、また、ベビーベッドの下に収納がついているタイプもあり便利です。レンタルで準備することも選択のひとつです。